So-net無料ブログ作成
感染症・感染制御・検体検査 ブログトップ
前の10件 | -

【情報】マイクロスカイラボOPEN [感染症・感染制御・検体検査]

臨床微生物検査専門ラボ「マイクロスカイラボ」がOPENしました。
http://www.mskylab.co.jp/
#マイクロスカイラボ #臨床微生物検査 #耐性菌 #感染症
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

結核とIGRA [感染症・感染制御・検体検査]

結核とIGRA

はじめに
本邦における結核罹患率は人口10万人対比16.7人であり、先進国の中でも高く、「中蔓延国」にあたります。
結核感染者のうち発病するのは10%程度で、この状態を「潜在性結核感染症(以下LTBI)」と呼び、この数は年々増加傾向にあります。なかでも、高齢者、糖尿病患者、透析患者、免疫抑制作用のある薬剤(抗がん剤、TNF-α阻害薬、ステロイド薬など)の投与患者、消化管手術後の患者、HIV感染者などはハイリスク群であり特に注意が必要です。※
LTBIは、適切な治療により、発病を50%以上防ぐことができます。そのためには、LTBIの早期発見のための診断が不可欠です。
※潜在性結核感染症治療指針 結核2013:88:497-512

検査法の発展
活動性肺結核の場合は、所見や画像診断検査および喀痰塗抹培養検査などにより確定診断をすることができます。一方、潜在性結核感染症の場合は、従来ツベルクリン反応(以下ツ反)を行って確認していました。しかしながら、本邦においては多くの国民がBCG予防接種を受けており、偽陽性が出る、ツ反陰性だからといって必ずしも結核罹患を否定できないなどの問題点があります。
近年、Interferon-gamma release assays(以下IGRA)が開発され、対外診断薬として認可され健康保険の適用となり、臨床でも活用されるようになってきました。
本法は、結核菌の特異的な抗原を用いてエフェクターT細胞を刺激して、産生されたインターフェロンγを確認する検査です。特長は、血液検査であること、また、抗原性の違いからBCG接種やほとんどの非定型抗酸菌と影響を受けず、高精度の検査が短時間で可能となったことです。※
※日本結核病学会予防委員会:インターフェロンγ遊離試験使用指針:結核 2014 89,8 : 717_725

医療職におけるLTBIスクリーニングの有用性
LTBI新規登録患者数7,147人のうち32.4%(看護師・保健師1,277人、医師222人、その他医療職820人)を占めており、発症すれば、院内感染のリスクもあり、早期発見と治療が求められています。※
現在第一線で活躍する医師や看護師をはじめとする医療従事者は、結核の既感染率が低い世代であることも重要なポイントです。
そのため、医療従事者における結核スクリーニング検査を行い、ベースライン値を知っておくこと、また定期的に検査を行うことが重要です。同時に、新規入職時にIGRAを実施することも推奨されています。※
※厚生労働省:平成25年結核登録者情報調査年報集計結果(概況)
※結核院内(施設内)感染対策の手引き 平成26年度版より 表「医療機関における職員の健康管理のポイント」

医療従事者の接触者検診
医療従事者が風邪様症状や肺炎などの患者と濃厚接触し、後日結核だったと診断されることがあります。その場合には、接触日に遡って接触した可能性が高い医療従事者や患者および家族に対して、検診を行う必要があります。
検診は、接触回数や行った処置などに応じて、リスクが高い人から優先順位をつけて行います。
平成25年に全国で新規登録された結核患者数は20,495人、うち看護師・保健師234人、医師66人、その他医療職281人であり全体の約3%を占めていました。※
結核菌が体内に入ってからIGRA陽性となるまで、約8~12週間程度とされています。従って、検査は結核患者との最終接触から8週間以上経過してから行う必要があります。
この時、判定のために最も重要なのが、本人のベースライン値です。この値が陰性で、今回接触者検診で陽性となれば治療を検討することになりますが、ベースライン値が無い場合は過去感染の可能性が否定できません。※
※感染症法に基づく結核の接触者健康診断の手引き 平成 26 年(2014 年)3 月 「改訂第5版」

関節リウマチ(RA)患者と結核
RA患者は、薬物治療の修飾や疾患による免疫低下により感染症に罹患するリスクが高いことが知られています。更に近年TNF阻害薬などRA治療に生物製剤が利用されるようになり、結核感染のリスクが高くなってきました。
このため、RA治療開始前にIGRAを実施し、ベースライン値を得た上で生物製剤の投与を開始することで、治療時における結核発症の早期発見早期治療を開始できます。
本邦におけるTNF阻害薬使用ガイドライン※においても、生物製剤使用時の注意事項として以下のような記述があり、IGRAについて強く推奨されています。
「スクリーニング時には問診・インターフェロン-γ遊離試験(クオンティフェロン、T-SPOT)またはツベルクリン反応・胸部X線撮影を必須とし、必要に応じて胸部CT撮影などを行い、肺結核を始めとする感染症の有無について総合的に判定する。」
※社団法人日本リウマチ学会 関節リウマチ(RA)に対するTNF阻害薬使用ガイドライン (2014年6月29日改訂版)

透析患者と結核
透析患者は免疫が低下していることや、糖尿病を基礎疾患としている人、高齢者、低栄養状態の人が多く、また肺外結核が多いといった特徴がある集団です。更に、多くの患者が同一室内で長時間の透析治療を行うため、一人でも発症すれば院内での感染も高リスクとなります。疫学調査によれば、透析患者の結核発症率は2~6%と報告されています。※
従って、透析導入前のスクリーニング検査としてIGRAを実施してベースライン値を得ておくことが推奨されています。※
これにより透析患者の結核感染の有無のみならず、接触者の追跡や同室患者や医療従事者の早期検査などの対処が可能となります。
※安藤亮一:透析患者における結核の現状と問題点.結核:2011:86:950-953 他
※日本結核病学会予防委員会・治療委員会,潜在性結核感染症治療指針.結核:2013:88:497-512

T-SPOT検査
ここまで記したように有用性の高いIGRAの代表的な方法のひとつであるT-SPOT法について簡単に概要を説明します。
T-スポット○R.TB検査は、患者血液から末梢血単核球を分離し、細胞数を標準化後、結核菌特異的抗原(ESAT-6、CFP10)を添加してIFN-γを産生した細胞をカウントする方法(ELISPOT法)です。
高感度・高特異度で結核感染を診断できる検査法※であり、汎用ヘパリン採血管1本(6mLまたは8mL)で検体採取が可能であるのが特長です。また採血後最長32時間の室温(18~25℃)保管が可能であるため、輸送条件や患者の来院時間などの制限が少ない検査方法です。
※オックスフォードイムノテック株式会社 T-スポット[レジスタードトレードマーク].TB 製品添付文書 2014年11月改訂(第6版)

おわりに
結核感染症は過去の疾患ではありません。基礎疾患の有無だけでなく高齢化や貧困による低栄養など経済状況も少なからず罹患に影響します。BCG未接種の医療従事者も少なくない昨今、院内における職員への教育啓発がとても大切です。
IGRAが、高度医療を提供する急性期だけでなく高齢者医療施設、透析医療施設、RA治療を行う整形外科クリニックや呼吸器専門クリニック、健康診断施設、保健所などにおいて幅広く活用され、きっかけになることで、結核感染症対策が一層進展することが期待されます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【情報】eラーニング [感染症・感染制御・検体検査]

一般社団法人 感染症eラーニング研究会からのお知らせです。

eラーニング講座

「グラム染色による感染症診断法(基礎編)」20,000円(税別)

講座の中身の立ち読みができます。ここをクリックしてください。

※「ゲストとしてログインする」ボタンをクリックすると内容が見れます。

 本講座の狙い

  • 感染症検査・診断の分野で、迅速且つ得られる情報量が多く、低コストな手法として改めてグラム染色・鏡検法が再評価されています。
  • 医師や薬剤師、感染対策に関わる看護師及び細菌検査室以外の検査技師の間にも迅速診断、感染対策等のためのグラム染色・鏡検技法習得のニーズが高まっています。
  • しかし、実戦的な手技を習得する機会・場所がなかなか見付けられない、またはあったとしても多忙などの理由により講習会などを受講できる人は限られます。
  • 本eラーニング講座では、自宅や職場で、手軽に、気軽に、極めて実戦的なグラム染色の手技を身に付けることができるように作成されました。
  • グラム染色に関する基礎知識や検体の前処理や固定法、染色法、感染症診断を目的とした標本の観察法や成績の解釈法について動画や写真・イラストを豊富に使用して詳しく丁寧に解説してあり、修了後は鏡検・診断に適する正しい染色標本の作り方、見分け方のポイントが確実に身に付きます。

本講座の概要

第一章 グラム染色の基礎知識

  • グラム染色の歴史
  • グラム染色原法の問題点と改善史

第二章 グラム染色の原理

  • 菌種による細胞壁組成の違い

第三章 標本の作製法

  • 標本作製時の注意点
  • 検体の前処理
  • 標本の作り方
  • 固定法

第四章 グラム染色法

  • グラム染色の手順
  • グラム染色液の精度管理
  • グラム染色失敗例とその原因
  • グラム染色による細菌の分類
  • 変化するグラム染色性

第五章:細菌同定を目的とした塗抹標本の観察法

  • 顕微鏡による観察法
  • 細菌同定を目標とした塗抹標本の観察法
  • 感染症診断のための塗抹標本の観察法

第六章:感染症診断のための塗抹標本の観察法

  • 生標本の観察法
  • グラム染色標本などの観察
  • 感染病巣中の病原菌
  • グラム染色標本の観察手順
  • 所見の採り方

第七章:鏡検データを感染症検査情報に変換する

  • 鏡検データを何故、情報に変換するのか?
  • 医師が知りたい情報
  • 鏡検データの加工と解析
  • マクロ鏡検データを感染症情報に
  • ミクロ鏡検データを感染症情報に

第八章:報告の仕方

  • 塗抹標本検査の報告書作成
  • 報告書に書き込むべき情報
  • 感染症検査報告書のご提案

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【情報】第三回eグラム染色研修会 [感染症・感染制御・検体検査]

第三回eグラム染色研修会

第三回eグラム染色研修会を7月27日に、東京会場に於いて開催予定です(第3報)。詳細は以下の通りです。

第三回eグラム染色研修会の開催ご案内(第3報)

 開催日時:2013年7月27日(土)、午前9時~午後5時
 開催場所:東京都内
 受講者数:20名
 受講料 :4万円(開催が決定次第、弊社指定口座に受講料をお振り込みに関するご案内を致します)

 催行人数:最少10名(オブザーバー参加を除く有料受講者数が10名に達した段階で、受講を申し込まれた方に受講手続きとご登録番号に関するご連絡を致します)なお、オブザーバー参加枠は満席となりました。悪しからずご了承ください。

 お申し込み:当ホームページ(http://aiorcoid.com/)上のeグラム染色研修会お申し込み書式よりお申し込み下さい。なお、定員に達し次第受付は終了致します。
 研修会内容:第三回eグラム染色研修会日程表をご参照ください。グラム染色標本の鏡検による感染症診断法(総論)、同、各論(下気道感染症診断を中心に)および標本作製、グラム染色、顕微鏡による観察、所見の取り方、所見の解釈法を講義、実習でご教示致します。

 研修会終了後、修了証を授与致します。

 同時に、塗抹マイスター初級認定試験を、同会場実習室で引き続き実施致します。初級認定試験とは弊社が主催する民間認定制度であり、塗抹標本による感染症診断技術を試験し、相原雅典がその技術を評価して、診断技術に応じて初級、中級、上級、マイスターへとステップアップしていただく認定制度です。
 初級認定試験は本研修会受講者には無料で受講頂ける特典があり、これまで約80名の方々が受験され99%の方が認定を取得されました。更にそのうちの約30名が中級認定にチャレンジされるに至っております。
 初級認定試験は2枚の標本を30分で鏡検していただき、得られた所見を所見票に記録してご提出頂きます。従って30分で終了致します。
 塗抹マイスター制度に関する詳細は、本ホームページのマイスター制度のページをご参照ください。

 

「eグラム染色研修会」は「目からウロコ」の研修会です

20歳代後半M医師:グラム染色自体は日常的に行っていたのですが、作った標本を観察する具体的な手順や、どういった所見が重要で、どのように解釈していくかといったことについて、体系的に学ぶことはこれまでありませんでした。今回の勉強会を通じて、今後より多くの情報を標本から得ていくこと、そしてその結果を診療に役立てていくことが可能となれば、幸いであると考えています。今回は、このような貴重な勉強会を開催頂きまして、本当にありがとうございました。)

 

30歳代後半Y医師:研修会では大変御世話になりました。巷にグラム染色研修会と名のつくものは数あれど一番質の高い研修を受けることができて大満足でした。私にとっては本当に密度が高く貴重な一日となりました。感染症臨床に対するモチベーションがぐんと上がり、肺炎患者の来院が待ち遠しくなる今日この頃です。
また先生のグラム染色に対する熱い思いを聞くことができたのも大きな収穫でした。、、、後略、、、

 

30歳代前半K医師:本日はグラム染色の初歩的なところからかなり高度なところまで教えていただき有難うございました。私は移植・透析を診ている内科医です。普段から感染症を診る機会が多いのでこのような会が大変ためになりました。、、、後略、、、

 
 また上述の研修会を受講された医師の方々がご指摘の通り、貴方がそれまでクラム染色に抱いていた疑念や誤った解釈などは、受講終了後は完全に払拭されているはず(、、、と言うよりも、全く異次元のグラム染色診断を身につけるため、今までのことは霧散して消え去るのですが)ですし、本物に巡り合えたと言う確かな感触が得られるはずです。

 論より証拠、相原がお教えする「プロのグラム染色診断技術」に触れられることをお勧め致します。


タグ:グラム染色
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

クォンティフェロンその後 [感染症・感染制御・検体検査]

4/30付けでクォンティフェロンについて、学会からコメントが出ています。

http://www.kekkaku.gr.jp/hp/data/130430QFT.pdf

日本結核病学会 http://www.kekkaku.gr.jp/
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【情報】研修会のお知らせ [感染症・感染制御・検体検査]

第二回eグラム染色研修会のご案内
日程:2013年3月23日(土曜日)
会場:帝京大学医療技術学部
主催:AIORCOID 社
協賛:NGO CoCoRo、㈱スギヤマゲン、㈱ヘルスケアスクエア
時間 研修内容
9:00~9:05 開講式
9:05~9:10 オリエンテーション
9:10~10:00 講義1. 総論 感染症診断
10:10~11:00
講義2. 各論、下気道感染症診断を中
心に
11:10~12:00 実習講義1 .標本作製~染色
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 実習(標本作製、染色、鏡検)
16:10~16:45 質疑応答
16:45~17:00 研修修了証授与、閉講式
17:15~18:00 マイスター制度初級認定試験
詳細はAIORCIOD社HPを
ご覧ください。
http://aiorcoid.com/

2ndegram.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

感染防止情報誌 [感染症・感染制御・検体検査]

臨床検査最大手の(株)エスアールエルの、感染防止ニューズレターの最新号が出ました。

アクティブICNレポート 当院の感染対策の取り組み(現場と密接した感染管理を目指す) 中頭病院 ICN 伊波千恵子

感染制御認定臨床微生物検査技師の活動 当院感染制御に果たす微生物検査室ICMTの役割 群馬大学医学部附属病院 四方田幸恵

TEKARA テ・カ・ラ”手の衛生管理実践中” 西横浜国際総合病院

OTEGAMI「お手紙」 No.37 トータルハンドケア 

こちらから http://www.srl-group.co.jp/icp/index.html いい情報誌です。おすすめ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【情報】第7回QFTシンポジウム [感染症・感染制御・検体検査]

第7回QFTシンポジウム
Echo for 3rd Global Symposium on IGRAs in 2012
開催日:2012年6月30日(土)
開始時間:13:00~18:00

会場名:ベルサール半蔵門

住所:東京都千代田区麹町1-6-4
住友不動産半蔵門駅前ビル 2F

交通:「半蔵門駅」3番出口直結(半蔵門線)
「麹町駅」3番出口徒歩6分(有楽町線)
「四ツ谷駅」麹町口徒歩14分(JR線・丸ノ内線・南北線)
http://198.66.241.52/symposium7_info.html


タグ:結核 QFT
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

第一回塗抹研修会 動画 [感染症・感染制御・検体検査]

第一回塗抹研修会の動画が届きましたので、シェアいたします。

みてね。私が撮影・編集しました。

第一回塗抹研修会動画


タグ:感染症
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

【情報】塗抹研修会のお知らせ [感染症・感染制御・検体検査]

来る、2012年7月28日(土)に、都内で塗抹研修会が開催されます。
ご案内が届きましたので、掲載させていただきます。

主催:合同会社AIORCOID


 

第二回塗抹研修会開催要綱

 開催日時:2012年7月28日(土)午前9時~午後4時
 会 場 :帝京大学医療技術学部
 テーマ :塗抹標本の鏡検による感染症診断法(下気道感染症を中心に)
 研修日程:別紙第二回塗抹研修会日程表をご参照下さい
 受講料 :4万円(テキスト代、昼食費、実習機材費を含む)前納制
 募集数 :30名(受講料の納付確認された順)
 募集開始:2012年6月1日(定員に達した段階で閉め切ります)
 受講資格:資格や経歴は問いません
 申し込み:弊社ホームページ、第二回塗抹研修会申し込み書式ページよりお申し込みください。


 

 

第二回塗抹研修会日程表

第二回塗抹研修会は以下の時間割で開講いたします。

 尚、各論講義内容は、下気道感染症診断法に重点を置いた講義です。

   今回は1日限りの研修会であり、スケジュール的には極めてタイトにならざるを得ません。従って、講義と実習の時間割予定は以下にご提示致しましたが、できれば午前の講義は出来るだけ合理的に短縮し、午後の実習(顕微鏡を観察していただく時間を十分にとるため)にできるだけ時間を振り分けたいと思います。そのため、受講者の皆様には研修会前にテキストを配布し、事前に学習をしていただいたうえで研修会に望んでいただく方式をとりたいと思います。
   但し、時間割の変更は、当日の状況次第と言うものでもありますので、臨機応変に行うことをご了承頂きたいと思います。
時間演目講師備考
9:00~9:05開講式相原雅典講義室
9:05~9:10オリエンテーション源不二彦講義室
9:10~10:00講義1.塗抹検査総論相原雅典講義室
10:10~11:00実習講義1.標本作製~染色源不二彦講義室
11:10~12:00講義2.塗抹検査各論相原雅典講義室
12:00~13:00昼食休憩 施設内食堂
13:00~16:00実習(標本作製、染色、鏡検)源不二彦ほか実習室
16:10~16:45質疑応答相原・源・久保・川上実習室
16:45~17:00研修修了証授与、閉講式相原雅典講義室

      ------  ------

17:15~18:00マイスター制度初級試験相原雅典実習室

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | - 感染症・感染制御・検体検査 ブログトップ